'; $marquee='
'; $start_tag='
'; $end_tag='
'; $small='
'; $right='
'; $footer='
'; } else { $wrapper_tag='
'; $marquee='
'; $start_tag='

'; $end_tag='

'; $mlist_start_tag='

'; $mlist_end_tag='

'; $line='
'; $area_navi='
'; $area_navi_end='
'; $small='
'; $small_s='
'; $right='
'; $footer=' これから投資信託 $small

投資信託の商品である「外貨MMF」「REIT」「ETF」「コンテンツファンド」「ファンドオブファンズ」を理解しましょう。

■外貨MMF

外貨MMFとは、Maney Market Fundの頭文字を略したものです。外貨MMFは日本国内で売買できる外貨商品の一つで、主にドルやユーロなどの外貨で運用する投資信託の一種です。
投資方針は、投資元本の維持と利益分配を継続することを目的にしています。そのため、投資対象は、優良企業の社債や国債といったものがメインとなります。

■REIT

不動産投資信託(REIT)とは、主に不動産を投資対象とする投資信託の一種です。複数人が資金を拠出し、間接的に不動産を所有し、分配金として利益を受けとることができる仕組みのことです。
不動産は土地や建物のことで、この売買や維持・管理には多額の資金と複雑な手続を必要とするため、簡単に投資することが難しい資産となっています。この特徴の不動産を、複数人による出資を1つの大きな集まり(資金)とすることにより、個人では売買が難しい大規模な不動産に投資することが可能になっています。

■ETF

ETFとはExchange Traded Fundsの頭文字を略したものです。株価指数に連動する型の上場投資信託を指します。
投資初心者にも取引しやすい金融商品ともいえ、日本では日経平均連動型やTOPIX連動型が主流となっています。

■コンテンツファンド

映画や音楽、ゲームなどの開発費や制作費を投資家から集め、興業が成功した場合、出資した額・比率に応じて利益が分配される仕組みのファンドのことをいいます。
例えば、アニメの制作費を投資する「アニメファンド」は、TV用のアニメ制作プロジェクトへ出資し、DVDの売上収益を個人投資家へ配当を行います。

■ファンド・オブ・ファンズ

ファンド・オブ・ファンズ(FOF)とは、複数の投資信託で構成した投資信託のことです。
株式や債券などの単一商品に投資するのではなく、既存の投資信託を複数種類にわけて購入し、運用する商品のことです。
目的はリスクの分散で、複数の投資信託に分散投資するため、価格変動のリスクを小さくすることが可能となります。
株や債券など複数の商品を組み合わせたものがメインですが、新興国や海外で運用されるもの、REIT中心に運用されるものなど多種多様なファンド・オブ・ファンズがあります。

$start_tag サイトメニュー $end_tag $small
$start_tag 投資信託 最新情報 $end_tag $small 2012年07月11日
投資をやる人

2010年12月13日
不動産の投資信託

2010年11月30日
投資信託は難しい

2010年11月24日
投資信託って言葉

2010年11月22日
投資信託はすごい

$start_tag 人気サイト $end_tag $small $mseolink
$footer $analytics_tag Copyright. これから投資信託 All rights Reserved.
EOD; echo $mbhtml; }else{ //echo "PC縺ァ縺・; $pchtml=<< 投資信託とは? - これから投資信託

「投資信託」と「預貯金」との違い

預貯金の最大の特徴は、元本保証があることです。
(※外貨預金などでも外貨建てでは元本保証がありますが、為替差損により、円建てでは、元本割れする可能性もあります)

投資信託はこの元本保証はありません。預入時に利回りが確定している預貯金とは違い、運用成績次第で、預貯金に比べ大きく利益が出ることもあれば、元本割れし、損失が出てしまうこともあるので、商品の選択が重要となってきます。

預貯金の元本保証とは、預けた資金が将来、受取るときに目減りしないということを、金融機関が約束してくれるものです。
取扱い金融機関が経営破綻に陥っても、預金保険制度により一定範囲で保護されています。こうした意味で預貯金とは、最も安全性の高い金融商品の1つなのです。

元本保証があるということは、私たちの将来設計にとって非常に大切なのです。将来、資金を使う際に大切な資金が目減りしていては誰でも困ります。目減りしては困る資金をどこかに預ける際には、元本保証があることが金融商品選びの重要なポイントになります。
貯蓄の目標金額を貯めようとする際には、一定期間に一定額を積立てる積立方式を使えば、効率的に貯蓄することができます。公共料金の料金引落しや給与振込などに普通預金が使われているのも、普通預金が他の金融商品とは違った特質です。日々動く、流動性の高い、資金の受け皿として利用できる、最も身近な金融商品が普通預金とも言えるでしょう。

普通預金と比べると投資信託は

  • 元本保証がない
  • 予見穂金の対象外
  • 運用成果に応じて収益が分配される。(目減りすることもある)
  • 手数料がかかる

という違いがあります。

ではなぜ、不確定要素の多い投資信託に私たちは投資をするのでしょう?

その要因の一つは、低金利の貯蓄金(金利1%未満)では、資産を増やす(安心して将来の様々な出来事に備える)事が難しいことが挙げられます。例えば、100万円を年利1%の定期預金で1年運用しても、1年後に受け取る満期金は、わずかに増えただけの101万円です。これでは、金利1%未満の金融商品は資産を増やすという点では力不足です。

普通預金では元本が確保される代わりに、利息が低く抑えられているため、資産の大きな増加は見込めません。
これまで金融資産は預貯金だけだったという人も預貯金よりも少しでも高い利回りを確保したい、運用成績次第では高利回りが期待できる「投資信託」に目を向け始めているのです。

EOD; echo $pchtml; } ?>